プラント事業

有限会社ヤマダのプラント事業についてご説明します。

運送事業とプラント事業は、アスファルトを扱うという点で、一貫しています。

有限会社ヤマダのプラント事業は、アスファルト合材の製造を行っているプラント内にて、オペレーションを行う事業分門になります。

以下にて詳細をご紹介いたします。

【合材の比率管理】

各現場にて使うアスファルト合材の分量は、常に同じ分量ではありません。

構成する配分の比率が異なります。

合材をトラックに載せる際に、決められた割合になるよう管理を行います。

管理 長崎県 アスファルトの管理 運搬 有限会社ヤマダ

【積載作業】

上記のように決められた割合で作られた、アスファルト合材を運搬用のトラックに積載することも、オペレーターの仕事です。

アスファルト合材の比率の管理も積載も、基本的には機械が行いますので、その基盤を操作することで、業務を遂行いたします。

※積載の際は、ショベルを使うこともあります。

管理 長崎県 アスファルトの管理 運搬 有限会社ヤマダ

【運送の管理】

プラント事業におけるオペレーターは、運送の管理も行います。

各現場ごとに、時間やアスファルト合材を降ろす場所は決まっています。

決められた時間に、決められた場所に、配送できるように管理します。

業務を遂行していると、イレギュラーな時間自体も発生しますので、そういった際の対応も行います。

スケジュール管理 長崎県 アスファルトの管理 運搬 有限会社ヤマダ

【簡易合材生成】

プラント内では、(仕事を発注する)関連会社様のアスファルトの商材=簡易合材があります。

その簡易合材の生成のため、簡単なパッキングなどを行います。

その他

以上が、プラント事業におけるオペレーターの主な仕事となります。

オペレーターは、プラント内における業務だけではなく、少なからず、運送事業の管理も行います。

現場を知る知識をもちつつ、全体を見れるスタッフが、的確に執り行います。